Shopping cart
0円

クレーン・ホイストを無線化するメリットとは?

あらゆる産業機械を無線化できるテレクレーンブランドですが、その中でも天井クレーン(ホイスト式、チェーンブロック式等)を無線化する事により、工場や建設現場で抱えるどんな問題を解決することができるのか。そんなわたしたちがご提供できる解決策をこの記事ではお伝えいたします。

 

クレーン無線化4つのメリット

 

安全に作業ができる

長尺鋼材、重量物を取り扱う工場でのクレーン作業で、ペンダントスイッチ(押釦ケーブル&スイッチ)を使った有線操作の場合、作業者は吊り荷の近くで操作する必要がありますが、無線リモコンによる無線化がされたクレーンの場合は吊り荷からある程度の距離を保ちながらの作業が可能になります。

クレーンを無線化する一番のメリットは、やはりこの「オペレーター(作業者)の安全の担保」だと認識していますし、実際作業をされているユーザーの方からも同様の声を多く頂戴しています。

また、高温多湿や、粉塵、有毒ガスなどの危険を伴う環境下での作業では、作業者の安全を確保する為に、クレーンの無線化は必須だと考えます。

 

作業性向上&省力化

ペンダントスイッチ(押釦ケーブル&スイッチ)を使った有線操作の場合、どうしてもケーブルの長さに制約を受けてしまい、ケーブルが届く範囲内でしかオペレーターは動くことができません。

また、吊り荷や障害物の死角になっている場合、目視確認をする際に複数人での作業が必要だったり、一人作業だと一旦ペンダントスイッチを離してチェックをする必要があるなど、無駄な動きが多く作業性に難があります。

これらはすべてクレーンの無線リモコン化する事で、作業の効率化や省力化を図ることができます。

 

操業停止リスクの低減

クレーンで緊急修理の一番多い原因として挙げられるのは、ペンダントスイッチ用ケーブル(押釦ケーブル)の断線です。どうしても有線操作の場合はケーブルをロードブロックやトラックに引っ掛けることによる故障は頻度が高く、それにより

 

 

修理コストの削減

ペンダントスイッチ(押釦ケーブル&スイッチ)の

無線リモコン

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Previous reading
クレーン・ホイストを無線化するメリットとは?
Next reading
天井クレーン(チェーンブロック、ホイスト)無線化についての注意点